腸内環境を改善する必要があるかもしれません!


・肺炎
・色素沈着
・免疫力低下
・C型肝炎
・抗ガン剤の毒性軽減
・ガン
・高血圧
・酒さ・赤ら顔
・アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性皮膚炎
・白血球数の減少

 

これらの症状に効果があるとして認められ、
11の特許まで取ってる乳酸菌があります。
それがFK-23(エンテロコッカス・フェカリスFK-23)。

では、FK-23とはどんな乳酸菌なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

出展/photo ac

 

乳酸菌といって直ぐに思い出すのがヨーグルト。

ヨーグルトには整腸作用があることは良く知られていて、常食しているブルガリア地方の方は長寿というのはみなさん御存知ですよね。

ではなぜ乳酸菌が身体に良いとされるかというと、腸内には300種以上約100兆個もの細菌が住んでいるそうなんですが、ちなみに重さにすると、なんと1~1.5㎏。そんなに居るの?って感じですが、その中には善玉菌も居る代わり、悪玉菌も居る。常に良い菌が悪い菌をやっつけてくれるお陰で、健康体を保つことが出来ているわけなんです。それが全部悪い菌だったら… 体中菌に侵され、健全な環境のままいられるとはとても思えませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

出展/photo ac

善玉菌は体の中でも作られているんですが、悲しいかな年齢とともにその善玉菌を作り出す能力が衰えて来ます。
天敵が居なくなると、悪玉菌が腸内で増え続け、我が者顔で暴れだし、ついには腸の内から溢れ出すと他の臓器をはじめ体中に進出し始めるんです。肝臓にしても、心臓にしても、腸にしても今まで見たこともない数の悪玉菌が襲ってくるんですから、必死になってやっつけようとするんですが、あまりにも数が多過ぎると撃退しきれずに、ついには悲鳴を上げだす。コレがありとあらゆる病気の始まりの一つになります。その善玉菌を補う意味でヨーグルトの摂取は有効なわけだったんです。

仮に肝臓が弱った環境になってしまうと、それに良いとされる健康補助食品をいくら補っても、他の臓器も弱っている可能性もあり、悪玉菌が増え続けている環境では、体調が改善されていくことはないんですね。

昔から「おなかが丈夫な子は元気」。と言われていたのも、腸内菌のバランスが取れてるからで、いろんな栄養補助食品を取っているのになかなか効果がないわ。と諦めかけていた方は、まず腸内環境を整え、菌のバランスを保つことこそ、免疫力を改善し、健康な体に導く早道だったんです。

体内で作りだしにくくなってきたら、外から補えばいい。

日本は世界に誇る長寿国なのも、古くからしょう油、味噌、梅干し、漬物といった様々な日本人に合った発酵食品から乳酸菌を日常食として食べていたんですが、最近、塩分が高血圧の元として食べるのを控える方が増えるにしたがって、成人病が増えだしたのは皮肉な結果です。

その代わりに、私はヨーグルトを食べてるから大丈夫!?

日本でもヨーグルトを作るのに使われる菌の種類は多様で、発見されているものだけで200種類以上、代表的なもので10種ほどになります。それぞれ、機能性を謳うのは薬事法で難しく、どんな症状に効果があるのか、消費者には判断しにくいものです。しかも食生活が違うと腸内環境も違い、住み着く菌のバランスも違うことから、花粉症やアレルギーには効果がある乳酸菌でも、コレステロール値を下げるのには期待できないなど、その人に合う乳酸菌が入ったヨーグルトをみつけないと腸内環境の改善が難しいと、1種類だけではなく数種類の乳酸菌を摂取するのが好ましいと言われ始めています。

その様々に存在する体内乳酸菌の中で最も効率よく免疫力を高める効果があると発見されたのが、誰の腸内にも居るこのFK-23菌!

ただ、この菌は硬い膜に覆われていて、生きたままだと菌内の有効成分が溶け出していかないため、なかなか効果が現れにくかった。そこで、一度加熱処理して細胞壁を壊してから(LFK)摂取すると、胃酸で死ぬこともなく、効率よく腸に届き、さらに餌となって、自分の身体に必要な善玉菌をも増やしてくれる。そのおかげで、今までの乳酸菌に比べ、3倍も免疫効果を発揮することがわかりました。

しかしながら、そんな腸内環境を改善してくれる優秀な乳酸菌でも、1日に必要な量(FK-23菌)をヨーグルトで摂取しようとするとどれくらいになるかというと60リッター。市販されている1人分のヨーグルトなら700個。お風呂いっぱい食べないといけないし、それを毎日食べ続けなければならないとなると、経済的にも無理があるようです。

ヨーグルトと乳酸菌飲料を合わせた年間消費量は、一世帯35,000円を超える地域も少なくなく、年10%程度増加傾向にあり、それだけ乳酸菌への関心の高さがうかがえます。

そこで、それだけの乳酸菌をぎゅっと凝縮したFK-23含有食品『プロバリア』は、1日分たったの150円程度と市販のヨーグルトとほぼ変わらない価格を実現。自分に合った複数のヨーグルトを探し、摂取する必要もなく、無理なく続けていただける乳酸菌です。

人由来の乳酸菌FK-23は、いくら摂取しても余分な菌は流れ出て身体に負担を掛けませんし害もありませんので、お子様からお年寄りまで、家族皆さんで安心してご愛用いただけます。

 

 

 

 

 

出展/ウメケン販売.com

 

こちらから、お求めいただけますので、最も効率よく腸内環境を改善することが確認された乳酸菌FK-23含有食品『プロバリア』を、まずは1か月お試しになってはいかがでしょうか?  

※今なら、2個お求めいただくと、9,720円を9,072円とお得なコースも用意しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です