アレルギーは腸内環境を良くすれば改善できる?!


みなさんは、アレルギーは腸内環境を良くすれば、治るということを聞いたことがありますでしょうか?
実際に、アレルギーの代表格である花粉症対策に乳酸菌サプリが売れていますね。

一方で、本当に腸内環境の改善がアレルギーの改善に効果があるのかを疑問視する声もあります。

しかし、実際に腸内環境を改善する乳酸菌の摂取により花粉症などのアレルギー症状の軽減が認められています。

腸内環境を改善することによる効果は?

出典:flickr

食物アレルギーは、特定のたんぱく質に免疫反応が出てしまうのが原因です。

タンパク質をアミノ酸まで分解すればアレルギー反応は出なくなるので、腸内環境を改善することにより消化分解能力が良く働き、アレルギーが出にくくなるという効果があります。

しかし、食物とは違う花粉症やハウスダストのアレルギーの場合はどうでしょうか?

 

免疫細胞は腸内の菌を相手にトレーニングをして能力を向上させるので、腸内環境が悪いと免疫細胞の能力に問題が出やすくなります。

そうすると、混乱して本来は問題のない花粉などに対して攻撃をしてしまう、つまりアレルギー反応を起こしてしまいやすいと考えられています。

以上の事から、腸内環境を改善し正常に保つことはアレルギー症状を抑えるうえで重要だと考えられています。

乳酸菌がアレルギー改善に効果アリ?

出典:flickr

現代人は、免疫細胞のバランスが崩れています。

 

免疫細胞は大きく2つに分けることができます。

まず、Th1細胞と呼ばれ細菌やウイルスなどに対して反応するもの。

現代人は清潔な環境で育つため、この免疫細胞が弱くなってしまっています。
除菌・抗菌ブームがそれに拍車をかけているのです。

そして、Th2細胞と呼ばれハウスダストや花粉、かびなどに対して反応するもの。

大気汚染や添加物の多い食事などのせいで、この細胞が強く過敏になってしまっています。

以上のように、この2つの免疫細胞のバランスを崩しやすい環境に我々は生きているのです。

 

自然を破壊し遠ざけ、環境汚染を繰り返してきたツケがアレルギーという形で我々現代人を襲っているのです。
しかも、その弊害を最も強く受けているのが罪のない子供たちだというのは非常に悲しいことですね。

さて、アレルギー症状を軽減するには免疫細胞のバランスを取らなければなりません。
乳酸菌にはTh1細胞の働きを強め、Th2細胞の働きを抑制するという、現代人にとって非常に都合のいい働きがあるのです。

また、花粉症などのアレルギーの原因に、IgE抗体が過剰に生産されてしまうというものがあるのですが、乳酸菌にはIgE抗体の生成を抑制する働きをするものもあるのです。

最適な乳酸菌と共存しよう。

出典:flickr

除菌・殺菌で菌を敵として遠ざけてきた我々現代人は、そのためにアレルギー体質になってしまいましたが、そんな現代人を救うのは乳酸菌という菌なのです。

菌を毛嫌いするのではなく、共存するのが我々現代人にとって最良の道と言えるでしょう。

乳酸菌によって働きが違うため、アレルギーに効果の強い乳酸菌やそうでないものがあります。
腸内に住み着ける腸内細菌の数には限りがあるため、可能な限りアレルギーに効果のあるものを選ぶことが重要です。

 

近年は、アレルギーに効果の高い乳酸菌の研究が進められています。

数ある乳酸菌の中でも

    • 免疫力を高める力に優れたFK-23菌
    • アレルギーへの有効性の認められたL-92乳酸菌

以上2つの乳酸菌が特におすすめです。

乳酸菌の摂取は数か月単位で継続すること、量を取ることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です