夏バテは栄養不足!?

夏も後半になり、これから夏バテが襲ってきます。

今年の夏は暑い!猛暑日が続き、皆さん、まだ夏バテはしていませんか?

夏バテの症状は「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」などで、暑さ対応するための体力が無理したり、

湿度や温度の変化にカラダのリズムが対応できず、自律神経の働きが鈍くなることから夏バテは起こります。

夏バテは暑くて食欲がなくなるために、栄養不足、又は、食事も素麺やうどんなどあっさりしたのも(炭水化物)に偏り、

栄養がアンバランス、又、暑さで汗を多くかくため、体内のミネラルも消失します。

暑い夏はいつものと同じ行動をしても他の季節とは比較にならないほどエネルギーを消耗します。

 

夏の暑さで上がった体温を下げるために、血管が拡張し、血液を多く流れるようにするため、心臓の心拍数は増加し、

又、汗が多く出ますので、血液が濃くなり、粘り気が増しますので、心臓の負担が増え、エネルギーが余計に必要になります。

あっさりしたのもばかり食べているとエネルギーを作りづらくなります。

夏はいつものよりエネルギーの必要量が多いにも関わらず、エネルギーを作る栄養素を食事から十分に補給でいないという

悪循環に陥りやすいです。

 

体内でエネルギーを生産する為には、ビタミンB郡が不可欠。特にビタミンB1が不可欠ですが、

あっさりしたものばかり食べていると、エネルギーを作りづらくなります。

 

ビタミンB1は特に豚肉に多く含まれ、夏バテ対策として、豚肉の生姜焼きがお薦めです。

その他の食材で、豆腐・ごま。枝豆・落花生・うなぎの蒲焼に多く含まれています。

食べ合わせとして、にんにく・ねぎを加えるとビタミンB1の吸収を良くしてくれます。

 

夏の暑さによって体温が上昇し、汗をかき、水分を蒸発を盛んにして体温をさげていきます。

汗は殆どは水分ですが、塩化ナトリウムを少し含んでいますが、カリウム、マグネシウム。鉄、亜鉛などの

ミネラルも微量に含まれています。

 

何もしないでも1日に0,5リットルの汗をかき、夏には1~1,5リットルの汗をかくと言われています。

ミネラル不足はカラダの代謝障害を起こし、夏バテの「だるい」「疲れやすい」といった症状を引き起こします。

夏バテの改善と予防は十分な栄養補給を行い、カラダを休めることが大切です。

また、自律神経の乱れは、冷えも大敵です。

暑いとは言え、過度の冷房も控えたほうが良いでしょう

冷房をかけるときは、外気温との差を5~6度以内にすると良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です