夏風邪の恐怖!

夏バテの大きな原因となるのが室内と室外の気温差です。激しい夏の暑さと涼しい室内、著しい環境の差により自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると、体を守る防衛システムがきちんとはたらかなくなり、免疫力が低下してしまいます。

加えて暑さによる夜の睡眠不足もおいうちをかけて、完全に夏バテ状態になることがあります。夏バテ状態になると、体がだるく、頭痛、食欲不振などの症状が現れます。免疫力が落ちた体は、風邪のウイルスに感染しやすくなります。

 

夏のウイルスは、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスこの3つが主なウイルスです。これらのウイルスに感染すると、手足口病、咽頭結膜熱、ヘルパンギーナなどを発症します。ヘルパンギーナは喉の奥にぶつぶつした水泡ができ、喉の激しい痛みを引き起こします。痛みのために水分を取らなくなる子供もいて、時には脱水症状をおこすことがあります。

 

手足口病は足の裏や口の中に、ぶつぶつができる症状が主です。それほど高熱にはなりませんが、人から人へ感染することがあり、夏のプールなどで感染することがあります。

 

咽頭結膜熱は、発熱、結膜の充血やのどの痛みなどの症状が現れます。主にプールの水や共用のタオルなどから感染源です。

 

これらのウイルスに該当しなくても、高熱やのどの痛み、下痢、目やになど夏風邪ウイルスに似ている症状があれば、夏風邪と診断されます。もしもこれらのウイルスに感染すると、抵抗力が落ちているので微熱やだるさ、鼻水、のどの痛みなどの症状が長引くことがあります。夏風邪に特効薬はないので、十分な休息と栄養補給や水分補給が主になります。夏休みは子供もお出かけする機会が多くなりますが、夏の風邪を長引かせると悪化して入院に至るケースもあります。

 

症状があるときはお出かけをやめて、家で安静にしていることも必要です。

夏の風邪はダラダラと症状が長引くことがあり、治るまでに1週間から10日ぐらい続くことがあります。消化器症状が出ることが多く、下痢や吐き気、腹痛などがおきてしまうことがあります。病気によっては口の中にぶつぶつができて痛くて食べられないことがあり、十分な水分や栄養が取れなくなる可能性があります。

このような体調不良が長引くと、熱中症にかかりやすくなります。

人間は、高温の環境に長時間さらされると、脳の機能が異常をきたし、体温調節ができなくなります。真夏の暑さにもかかわらず、寒気を感じることもあります。頭痛やはきけ、倦怠感、40℃以上の高熱などの症状が現れ、放置しておくと顔面蒼白になりやがて意識を失ってしまうこともあります。重症化すると死亡することもあります。軽症だと甘く見ていたらあっというまに症状が進行し、手遅れになることがあります。

TSU882_eakonnashi_TP_V

注意すべき点は、熱中症は高熱や頭痛、だるさなど風邪と症状が似体調が変化しやすいので十分注意が必要です。夏バテの状態から、長引く夏風邪、熱中症へとなりやすく、十分注意が必要です。軽症の場合は、自宅での水分補給や塩分補給、涼しい部屋で安静にしているなどの方法をとればたいてい1日で治ります。それより重い中程度の状態や重症でも、病院での治療によりほとんどが2日~3日で治ります。

 

夏風邪と熱中症は似ている症状があるので、間違えやすいのですが見分ける方法はあります。

夏のウイルスは高温多湿を好むウイルスです。クーラーに長時間あたっていると体が冷えて風邪にかかりやすくなります。症状はのどの痛みや激しい咳、下痢や腹痛などの消化器症状が主になります。

のどの痛みが激しい時は風邪のウイルスが原因と考えられます。熱中症と夏の風邪の症状の違いを覚えておけば病気を見分けやすくなります。

 

夏の風邪にかからないようにするには予防が第一です。特にウイルスがはやっている場所にはいかないようにすること、外出から帰ったら手を消毒することなどを励行するようにします。また家族に感染者が出た場合には、マスクをつける、嘔吐や下痢などの処理には手袋を使用する、タオルは共用しないなどの策を取ることが大事です。

また、ふだんから免疫力が低下しないように、十分に栄養や睡眠をとることも大切です。体調が悪いなと思ったら早めに就寝するようにして風邪を早めに退治することが大事です。軽症のうちに治してしまえば、短期間で治りやすくなります。エアコンの温度が低すぎると体調の変化をきたす原因にもなるので、温度はほどほどに設定しておくことも大事なことです。夏風邪だからたいしたことないと思う人も多いようですが、大人でも悪化すると肺炎や髄膜炎などの病気にかかることもあるので、十分注意が必要です。

 

食事の内容も、そうめんなどのど越しの良いものが欲しくなりますが、栄養面も考えて食事を取るようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です