寒くなって来る時期、風呂場は危険地帯!

仕事を終えて帰宅して、風呂に入る時の気持ちよさは何とも言えないですよね♪

熱い湯船につかって、一日の疲れを取る、極楽のひと時です。

しかし、思わぬ危険があることをご存知ですか?

a0001_010888

最近、テレビ等でも紹介されることが多くなった「ヒートショック」。特に、体力の落ちた高齢者がかかりやすい現象です。

風呂場の更衣室で裸になり、急に浴室に入ると、温度の急激な変化で体内の血圧が急上昇し、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こす恐れがあるのです。命にかかわる現象です。

この現象を予防するには、例えば更衣室に暖房器具を置き、浴室との温度差を出来る限り少なくするなど、体への負担を軽くすることが重要です。

また湯船につかる際も、いきなり入るのではなく、手先足先等にお湯を掛けながらゆっくり入るようにするなど、血圧の変動を最小限にすることを大事になってきます。

 

癒しの入浴時間を、より安全に楽しむために、ひと手間を掛けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です