腸内環境と病気について

腸の中には、数百兆もの腸内細菌が棲んでいます。まるでお花畑(フローラ)のように生息している様子から「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラの中には、体に良い働きをする善玉菌や悪い働きをする悪玉菌などたくさんの細菌が存在し、

それらのバランスがうまく取れているのが健康状態というわけです。

腸内細菌の殆どは大腸に存在し、腸内の善玉菌のうち、その99%をしめるビフィズス菌は、大腸に住んでいます。

ビフィズス菌は暴飲暴食など生活習慣病が乱れると減少してしまい、それが大腸の病気や肥満につながることもあります。

そこで腸内フローラのバランスを維持するために乳酸菌を補うことが大切になってくる訳です。

 

◎腸内の悪玉菌の増加が、大腸の病気や肥満につながることも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です