腸内環境の改善による効果はこんなに!腸内環境を改善する方法。


腸内環境を改善すると一体どんな良い効果があるの?

腸内環境の改善によって便秘が治る…くらいしか知らない方も多いかもしれません。

しかし、腸は体全体に影響を及ぼしており、腸を改善することであらゆる効果を得ることができるのです。

今回は、腸内環境を改善することで得られる効果についてまとめました!

こんなにある!腸内環境を改善することで得られる効果

出典:いらすとや

便秘が改善される

便秘になってしまって、腸内環境の改善を目指す方は多いのではないでしょうか。

腸内環境が悪化して腸が弱まってしまうと、腸が活発に動かなくなり、便秘になってしまいます。

便秘になると腸内で食べ物が腐り、悪玉菌が増えていきます。

そうするとよけい腸内環境が悪化し、よけい便秘に…といった負のスパイラルに陥ってしまいます。

便秘から抜け出すために、腸内環境の改善をしましょう。

栄養が吸収できる

腸は食べ物の栄養を吸収する器官であり、第二の口と言われています。

なんと約9割の栄養が小腸で吸収されていきます。

腸内環境が悪いと腸の働きが弱まり、消化吸収ができにくくなってしまいます。

腸の働きが弱いと食べ物が長く腸の中にとどまり、腸の中で腐りやすくなります。

そうすると、有害ガスや有害物質によってよけい腸内環境が悪くなってしまうのです。

栄養をしっかり吸収して元気になるために、腸内環境を改善しましょう。

血液が奇麗になる

腸内環境が悪化していると腸内で有害ガスや有害物質が排出されます。

これが血液を汚し、代謝を悪くします。

そのため、肌に吹き出物やニキビができたり、血液をきれいにするための肝臓や膵臓が疲労して機能が弱ってしまったり…。

腸内環境を改善すると血液がきれいになり、体の中がきれいになります。

美容は中から!ですね。

肌がきれいになる

腸から栄養が十分に吸収できないと、肌を良くするビタミンやミネラルなども吸収されず、美肌が遠のいてしまいます。

また、腸内環境の悪化により排出された毒素が肌荒れを引き起こし、吹き出物やニキビなどの肌トラブルに繋がっていきます。

ポジティブになる

腸には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが存在します。

セロトニンは幸福感を感じさせ、うつ病などの改善につながります。

胃腸が弱い人は引っ込み思案…というイメージがありますが、あながち間違いではなく、腸は気持ちに大きな影響を与えているのです。

腸内環境が良くなれば、鬱の改善やストレスケアに繋がります。

病気の予防

腸は人間にとって免疫器官でもあります。

人間の免疫細胞の6~7割が腸に集中しています。

腸内環境を改善し免疫力を上げることで、がんや風邪、インフルエンザなどの病気を防ぐことができるのです。

アレルギー・花粉症の改善

免疫細胞が正常に働くことによって、花粉症などのアレルギー症状を改善することができます。

最近は花粉症対策に善玉菌を摂り入れることが推奨されていますね。

冷え性の改善

腸内環境が悪いと、血行が悪くなります。

その結果体が冷えてしまいます。

体が冷えると免疫力が下がり、病気リスクが上がってしまいます。

ぜひ、腸内環境を改善させて血行を改善してください。

体臭・口臭が改善される

腸内環境が悪いと、汗の臭いや口臭、屁の臭いなどが悪くなります。

これは、腸内の有害物質やガスが毛穴などから排出されたり混じったりするせいです。

また、体をきれいにしようと肝臓が働きますが、そのせいで肝臓が疲れてしまい、余計有害物質が増えてしまいます。

体臭を改善するために、腸内環境の改善は必要なのです。

下痢の解消

下痢の原因は油分の摂りすぎや、添加物、冷たいものの飲みすぎなど様々ですが、腸内環境を改善することによって下痢になりづらい体質にしていくことが可能です。

また、腸内環境の悪化が原因で下痢になってしまう人も多いです。

腸の機能が低下すると、腸の水分吸収する力が失われ、下痢や軟便になりやすくなってしまうのです。

腸内環境を改善する方法

腸内環境を左右する、菌。

出典:いらすとや

腸内環境とは、腸内に存在する菌によって決まります。

腸内には

善玉菌
日和見菌(ひよりみきん)
悪玉菌

の3種類が存在しています。

善玉菌はビフィズス菌に代表される、人間に良い影響を及ぼす菌のことです。
悪玉菌は有害物質を出したり、人間の害になる菌です。
日和見菌は、善玉菌が多ければ善玉菌のように働き、悪玉菌が多ければ悪玉菌のように働きます。

善玉菌が優勢の状態にある腸が、腸内環境が良好ということになります。
バランスが大切で善玉菌の比率は3割、悪玉菌が1割、残りの6割が日和見菌といった割合がベストだと言われています。

良い菌を増やすには。

そして、より強くて人間にとって有益な善玉菌を開発するために、大企業が頑張って研究を進めているのです。
例えば、人間の免疫力を強めるFK-23乳酸菌もそのひとつです。

腸内環境を改善するためには、効果の高い善玉菌を積極的に摂取していくこと。

そして、善玉菌が過ごしやすい腸内にするために、善玉菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖を摂取していくこと。

これらは野菜や海藻に含まれているので、野菜中心の食生活が肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です