腸内環境を改善するための方法


人間が誕生する際、最初に作られる器官は腸だということをご存知ですか?

また、元をたどれば人類の遠い遠い先祖は一本の腸のような細長い生物です。

我々は腸のような存在から始まっているのです。

これだけで、腸がどれだけ大事な器官なのかが分かりますね。

この記事では、そんな重要な器官である腸を改善するための方法を分かりやすく解説していきます。

なぜ腸内環境の改善が必要なのか。

出典:ぱくたそ

健康な体づくりについて調べれば調べるほど、腸内環境が大事だということが分かります。

体は食べたもので出来ていますが、食べたものから栄養を吸収するのは腸の役割です。

腸が本当の口である。と言う人もいるほどです。

また、腸は第二の脳と呼ばれていて人の感情や精神に大きな影響を与えます。

私の知人では、腸内環境の改善により引っ込み思案な性格が改善された人もいます。

うつ病の改善のために腸内環境の改善を行う人もいます。

腸が精神安定作用を持つセロトニンを生成しているためです。

それだけ腸は人間にとって重要な器官なのです。

腸内環境を改善すると栄養吸収率が上がる、善玉菌によりビタミンが生成されるなどの効果があります。

他にもアンモニアを作る悪玉菌が減少することにより体臭が改善されたり、便秘が解消されていきます。

腸内環境が良いと免疫力も上がるので、風邪やインフルエンザの予防にもなります。

また、抗がんの力も上がるため癌予防にもなります。

さらに、美容への効果も見逃せません。

悪玉菌により生成される有害物質は肌荒れの原因になります。

さて、腸内環境を改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、善玉菌を増やすことです。

とにかく善玉菌を増やすこと

腸内細菌には大きく3つに分けられます。

・善玉菌

ビタミンを生成したり、悪玉菌を抑制したり、我々人間の健康に貢献をしてくれる菌です。
善玉菌の数が多く活性化している状態を、腸内環境が良いと言えます。
食生活の良い人、自然の豊かなところで暮らしている人は善玉菌をたくさん持っています。

・悪玉菌
有害物質を発生させ、人間の健康を害する菌です。
悪玉菌が増えると便秘・下痢が多くなります。
免疫力を低下させたり、発がん性物質を生成するので病気リスクも上がります。
食生活が偏っている人、生活が不規則な人などは悪玉菌をたくさん持っているでしょう。

・日和見(ひよりみ)菌
日和見菌は善玉菌でも悪玉菌でもありません。
しかし、腸内の善玉菌が優勢だと善玉菌になり、悪玉菌が優勢だと悪玉菌になります。
健康な人の腸内に定着している細菌の7割以上がこの日和見菌なため、悪玉菌になってしまうと多数が悪玉菌に占められてしまうことになります。

人の腸内にどのくらい腸内細菌が住み着いているかというと、だいたい100兆個(!)になります。

種類としては100から500くらいだと言われています。

健康な人の腸内では、善玉菌が15%、悪玉菌が10%、善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌が75%を占めています。

どんな菌が腸内に住み着くかは幼児期までに決まってしまい、大人が善玉菌を摂っても定着しないと言われていましたが、大人でも継続的に一定量以上の菌を摂り続けることによって新しい菌が定着することが分かっています。

つまり、継続的に取り続けることが大事なんですね。

善玉菌が生きやすい環境を作る

善玉菌を増やすためには、善玉菌を摂取し続けることですね。

しかし、それだけでなく善玉菌が生活しやすい環境を作ってあげることが大事です。

また、善玉菌によって住みやすい環境は、悪玉菌にとって住みづらい環境ということになります。

腸内環境を整える和食

出典:ぱくたそ

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌を活性化させます。

食物繊維を食物にしている善玉菌が存在します。

また、食物繊維は有害物質を除去する効果もあり、悪玉菌を少なくさせます。

オリゴ糖は、特にビフィズス菌が好む食物です。

食物繊維は野菜やキノコ類に多く含まれていて、和食を中心とした食事により簡単に摂取をすることができます。

オリゴ糖も味噌やみりんに多く含まれているため、やはり和食中心の食生活により、日常的に摂ることができますね。

肉は食べ過ぎない

肉には人間を元気にするための様々な栄養素が含まれておりますが、肉ばかり食べていると悪玉菌が増え腸内環境が悪化してしまいます。

また、動物性たんぱく質は悪玉菌が好む食物でもあるのです。

肉は食べすぎず、大豆などの植物性たんぱく質を摂っていきましょう。

抗生物質を飲むと腸内菌が死滅する

インフルエンザなどで抗生物質を服用すると腸内の菌が死滅してしまいます。

抗生物質によってせっかくの菌がいなくなってしまいますが、逆に言えば新しい菌が定着できる環境でもあるのでチャンスなのです。

抗生物質を飲んだ後こそ、積極的に善玉菌を摂取して定着させていきましょう。

強い善玉菌を選ぶことが大事

腸内に定着する菌の数には限りがあります。

どうせなら、より強力な善玉菌を選んで摂取していきましょう。

善玉菌の中で最も人気の高い乳酸菌ですが、その中でもFK-23乳酸菌がおすすめです。
FK-23乳酸菌の詳細ページ

FK-23乳酸菌は善玉菌の中でも最も免疫力を高める力が強く、なんと通常の3倍というから驚きです。

さらに善玉菌を増やすという嬉しい力も持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です