風邪・インフルエンザ対策!

■風邪には治療方法がない!

風邪には医学的な治療方法というのはない。細菌に感染しての風邪の場合は、抗生物質の投与などがあるが、風邪の9割はウイルス性。そのウイルスを殺せる治療方法はない。結局は「きちんと休み」自分自身の

身体がウイルスに打ち勝ってくれるのを待つ・応援するのが一番の「治し方」そして日頃から免疫力のつく生活づくりをすることが、風邪にかからない・かかっても軽く、早く治せる方法

 

風邪・インフルエンザ対策の基本は生活改善!

十分な睡眠

ほとんどの人が分かっていてもできない「十分な睡眠」をとるということ。

とにかくこれが一番の決め手。忙しいときには「寝るのも惜しい」と思える。

そして結局、風邪をひいてしまう人が多い。目にはハッキリ見えないけれど身体の中で、

夜は免疫を高めるリンパ球が増えてくれる時。この時、身体が休んでいることが大切。せっかく無料の治療薬である免疫や抗体がたくさん作られる時に、その機能を使わず結局、具合が悪くなり、お金を出して風邪薬を買うことの方が

「おしく」ないのだろうか?睡眠は、今一番おろそかにされている生活習慣。

温度・湿度コントロール

ウイルスは高温・多湿に弱い。風邪をひいている人の場合、寒いと発熱は必要以上に進むので部屋は暖かくしよう。だからといって部屋を30度にも上げてしまうと、身体の方の抵抗力がなくなり良くない。最近は一年中エアコンで快適な生活がおくれる。しかし少しは寒さへの抵抗力を培わなければ、かえって自律神経が弱くなってしまう。しかもエアコンだけでは、乾燥が進む。冬は部屋を20~25度にし、むしろ湿度の方を上げよう!部屋の湿度を上げる方が、薬を飲むよりも、よほど予防・回復にも有効だ。湿度が50%になると、ウイルスは約3%の生存率しかない。できれば加湿器を併用し、

60~80%にしましよう。

バランスのとれた栄養を

忙しいと、栄養バランスがどうしても偏りがちになる。特に不足しがちなのが、食物繊維の多い食品やビタミン類。しかしよく知られているように風邪を治すにはビタミンC ウイルスに荒らされた細胞の再生を1~2週間で回復するように助ける。ただし、本格的な風邪の時には、通常の5~10倍は必要となるので、とても食品からでは摂りきれない。ビタミン剤や健康補助食品に頼るのも良いでしょう。

手洗いとうがい

基本中の基本「手洗い」と「うがい」 空気中に浮遊しているウイルスが直接のどに感染する以上に多いのが、手についたものが口に入るというパターン。ならば口に入る前に手から洗い流してしまおう!

ストレスの解消

ストレスは自律神経を弱め、免疫力・抵抗力が低下する。これは身体だけのストレスではない。ココロのストレスでも、身体に影響がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です