"秋バテに注意”・・・・・疲れが取れない

a0960_007867

"秋バテに注意”・・・・・疲れが取れない

過ごしやすい季節になったはずなのに中々疲れがとれない、食欲の秋というのに食欲が出ない。

体調不良を訴える人が増えています最近では「秋バテ」と呼ばれて、高齢者には要注意。

「疲れが取れない」「だるい」「肩やひざ、又関節の痛み」を訴える人が少なくない。

「秋バテ」はまず影響するのが気温の変化。秋は昼夜の気温の寒暖の差が大きく、

体温を調整する自律神経のバランスを崩しやすくなる。十分な睡眠がとれず、体力の低下につながりやすい。

気圧の変化も人間の体に影響します。台風や秋雨前線で低気圧になると、空気中の酸素濃度が少し低い状態になる。

すると、身体を休ませようと副交感神経の働きが活発になり、喘息の人などはアレルギー症状が出やすくなります。

過ごしやすくなって、活動的になりすぎてしまうのも「秋バテ」の落とし穴。

夏の疲れをのこしたまま激しい運動をしたり、食欲の秋で食べ過ぎたりすると体に負担をかけます。

「秋バテ」は、日頃の心がけである程度予防ができます。

適度な運動で筋肉を落とさないようにする。体力を消耗する激しい運動は控える。

入浴は、ぬるめのお湯にゆっくりつかると、リラックスして深い眠りにつくことができます。

食べ物は胃に優しく消化の良いものを。人参や里芋など根菜類は体を温めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です